本文へ移動
  • 発熱や咳などの感染症症状の方は直接来院されず、まずはお電話でご相談下さい。
  • 感染拡大予防のためにご協力をお願いします。
  • 受診の際は必ずマスク着用でお願いします。
  •  -お手元に保険証を用意してお電話下さい。-

良くある疑問 健康Q&A

良く受けるご質問で重要と思われる事・・など

こむら返りについて
2018-09-02
池田市広報健康Q&A 10月号に掲載した内容です
 
「こむら返り」について
Q
夜になると「足がつる」のですがどうすればよいでしょうか。
 
A
意思に反して筋肉が強く収縮すると強い痛みを感じ、(ふくら)(はぎ)(こむら)に起こる事が多く一般に「こむら返り」と呼ばれますが、足の指や土踏まずに起こることも有ります。有痛性筋痙攣とも言います。
筋肉が収縮したり、弛緩したりする際にはカルシウム、マグネシクム、ナトリウム、カリウムなどのミネラルや身体の水分量・水素イオンなどのバランスが複雑に作用しあっていますので原因を特定することは一般的には困難です。身体の水分量やミネラルなどのバランスが崩れた時に起こりやすくなるようです。発汗の多い運動中や、寝汗をかいた夜間に起こりやすいのはこのためと考えられます。また加齢に伴う筋肉量の減少や糖尿病などに伴う血行不良があると乳酸などの疲労物質が溜まりやすくなる事も一因と言われています。
痛みはとても辛い時が有りますが、基本的には生命を脅かすような事はありませんので落ち着いて対処して下さい。脹脛に起こった時にはつま先を手前に引っ張りアキレス腱を伸ばすようにするなど「こむら返り」を起こしている筋肉を伸ばすようにして下さい。予防法としては、規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動や寝る前に軽いストレッチをすることも有効です。特に寝る前の過度の飲酒は脱水傾向を助長しますので控えてください。
 特効薬は有りませんが程度が強い場合は一部の漢方薬を含めた薬物治療を短期間行うことも有ります。また非常に頻度や症状が強い場合は糖尿病や甲状腺疾患、下肢静脈瘤などの基礎疾患が潜んでいることも有りますので、その際は医療機関でご相談下さい。
やまだクリニック
内科・循環器内科
〒563-0047
大阪府大阪府池田市室町7-12
TEL.072-752-1001
■内科疾患一般の診療を行います。必要に応じて専門医療機関をご紹介いたします。
■循環器疾患(心臓疾患)の診療 診断と治療には特に力を入れています。
また最近多い糖尿病の治療にもある程度踏み込んで診療を行います。
■介護保険事業ともかかわり、主治医の意見書作成や各介護事業者の方との連携をはかります
■訪問介護事業者の方との連携をはかり、安心して自宅で療養出来る一助を担います
■予防接種事業 池田市より委託を受けた定期予防接種の一部を行います
TOPへ戻る